本文へスキップ


 住みよい環境とまちづくりをめざして

     

【自治会活動紹介】real estate



 ここでは南区の各単位自治会の活動を写真で紹介します。
 月に1度、各地区(7地区)で開催されたイベント等の様子をリレー方式で紹介していきます。
 
 今回で3周目となっています。
 西地区の「
四谷二丁目自治会 第8回ふれあい祭り」です。
 次回は、大谷場地区です。お楽しみに☆



  ふれあい祭り


第8回ふれあい祭り
         
四谷二丁目自治会(西地区)




人気ナンバーワンのみこしかつぎ


パパやママと一緒に球ころがし


綱引きは大人もエキサイト


輪に入れなくても盆踊り

日時  平成25年7月6日(土)
    午後3時30分〜日没まで

場所  四谷公園

参加者数 190人


 四谷二丁目自治会は区域も狭く、子どもたちが伸び伸びとした遊びができる広場がありません。そこで考えたのが、狭いなら狭いなりに楽しめる催し物でした。

 “ふれあい祭り”は幼児からお年寄りまで、親子3代でも4代でも楽しめるイベントとして生まれました。初めは竹馬や竹とんぼのつくり方、乗り方、飛ばし方など、昔の遊びが主体でしたが、最近はからだを動かすプログラムに変化しています。
 メインはやはり、みこし担ぎです。幼児の花みこし、小学生の神社みこしなどですが、大人もエキサイトする綱引き、幼児の親子球転がし、水ヨーヨー、輪投げ、締めの盆踊りまで、あっという間のひとときです。その間にアイスクリームのサービス。そして最後はお楽しみ大抽選会で夏のひとときが終わります。

今年もふれあい祭りの準備がやってきました。どんなプログラムが喜ばれるのか、楽しい悩みの一つでもあります。

 これからも、地域の人と人とのつながりを大切にした“すてきな四谷二丁目”を目指していきたいと思います。




  松本自治会連合会・内谷地区自治協力会・曲本一丁目自治会


○松本自治会連合会で恒例の運動会を開催  
松本自治会連合会(西浦和地区)

○「第32回内谷地区体育祭」「防犯研修」
内谷地区自治協力会(西浦和地区)

○曲本1丁目自治会の活動紹介
曲本1丁目自治会(西浦和地区)

 
玉入れ


ムカデ競走


徒競争
  (松本自治会連合会)

 「松本自治連合会 運動会」

日時
 平成25年10月27日(日

場所 田島小学校      
 松本自治会連合会は、毎年10月に田島小学校で運動会を開催しています。

 今年も27日、好天に恵まれ500人程が集まり、ゲームを繰り広げて交流しました。

 この運動会の特徴は、小さな子供さんと若い保護者の皆さんが大勢参加することです。

 校庭に活気があふれ、本当に楽しい1日となりました。


綱引き


みんなで玉入れ


昼食の様子








防犯研修の様子1


防犯研修の様子2
 (内谷地区自治協力会)

  「第32回内谷地区体育祭」

日時
 平成25年11月3日(日)
 毎年11月3日内谷地区体育祭を開催しています。今年は32回目でした。

 32年前、内谷の生徒は白幡中学校に通っていましたので、地域住民が地元に中学校を熱望し、地権者や市に一丸となってお願いして、内谷中学ができたそうです。
 この体育祭は、その開校を祝って毎年11月3日に開催してきました。

 この体育祭は自治会対抗のゲームがいくつかあり、7自治会が全力で競います。
 皆、経過に一喜一憂、内谷のオリンピックの様相です。
 
 秋の1日1000人程で交流するのは、内谷地区親睦の貴重な行事です。
    「防犯研修」

日時
 平成26年2月16日(日)
場所 北口集会所
   (4丁目自治会館)
    

 防犯協会内谷支部・内谷地区自治協力会は2月16日(日)北口集会所(4丁目自治会館)で、埼玉県県民生活部 防犯・交通安全部の上木孝子主査を講師に「防犯の街づくり出前講座」を開催しました。

 毎年この時期に定例に開催し、内谷地区の防犯活動向上を図っています。
 参加者は各自治会の防犯役員を中心に33名でした。

 研修後懇親し親睦を深めました。


菊の観賞会


会員の作品展


歌声喫茶の様子


サンタさんからプレゼント 
 (曲本1丁目自治会)

 「菊の観賞会と会員の作品展」

日時
 平成25年11月10日(日)
場所 曲本1丁目自治会館
 「菊の観賞会と会員の作品展」を11月10日より10日間開催しました。

 会員が栽培した菊を展示し、同時に幼稚園・小学生の絵画や会員の作品を会館内に展示し、来館者にはお汁粉や飲物を提供しました。


   「クリスマス歌喫茶」

日時
 平成25年12月23日(日)
場所 曲本1丁目自治会館
 「クリスマス歌声喫茶」を12月23日午後開催しました。
 
 会員のギタリスト、中国人の胡弓奏者、火曜指導者を招いて、クリスマスソングはじめ懐かしい昔の歌や童謡を参加者全員で2時間程合唱しました。
 
 松本、内谷、田島地区からも参加し、50名ほどの毎年行っている歌声喫茶です。




  夏祭り(八雲神社)


夏祭り(八雲神社)

白幡自治会(武蔵浦和地区)




模擬店の様子


神主による安全祈願


子供神輿


大人神輿

日時 平成25年7月13日(土)
   平成25年7月14日(日)

場所 
睦神社境内
  (白幡自治会館)

 白幡地区の夏祭りは、祭典委員を中心に、自治会の協力により開催されます。
 夏祭りは、古来より続く伝統行事として、毎年7月に盛大に行われています。

 7月13日(土)宵宮(よみや)。
 本祭り準備、神輿係りによる模擬店を開設。
焼きそば、フランクフルト、金魚すくいの他、生ビール、焼き鳥等、にぎやかで活気に溢れ、子供たちに大変人気でした。

 午後から余興がはじまり、カラオケ大会(子供含む)、フラダンス、民踊、最後に大抽選会で、一層盛り上がりました。

 7月14日(日)本祭り当日。
 監事、関係者、子供会、未就学児の神輿巡行に先立ち、神主による安全祈願の神事のあと、白幡地区(1丁目〜6丁目)を巡行。子供神輿、山車は午後3時に境内に納め、大人神輿午後8時頃まで担ぎ、無事に納めることが出来ました。

 参加者一同、楽しい2日間の夏祭りでした。



  防災訓練&餅つき大会


防災訓練&餅つき大会

細野友和会(大谷口地区)




ガス発電機の稼働訓練



設営訓練



親子で餅つき



お餅を囲んでご歓談

日時 平成25年11月24日(日)

場所 
大谷口細野公園


 南区の東の辺境、大谷口にある世帯数140の細野友和会です。その気になれば自治会員全員の顔を覚えられるぐらいの手ごろな規模です。

 自治会内はよくまとまっていて、日ごろからの付き合いが活発です。11月24日(日)今年3回目の防災訓練を兼ねて餅つき大会を開きましたが、140世帯で参加者が90人超。この割合はちょっとすごいのではないでしょうか。

 「面倒なことから逃げない」「面倒なことをチャンスにする」のが私たちの自治会の特徴です。例えば、1年交代の班長になったときに、「1年間がまんすれば解放される」と言うような人がいて、班長の仕事を減らすことを考える自治会もあるそうですが、私たちは「この1年間は絶好のチャンス」と、班長の仕事を増やすようにしています。
 各種募金なども、自治会で一括して払わずに、班長さんが個別に回っています。行事の回数も多くして、班長さんが班内のことを把握するようにしています。

 メインの行事は防災訓練ですが、「防災の基本は近所づきあい」を合言葉に、できるだけ炊き出し訓練を混ぜて、食事を共にしながら様々なことを語り合うようにしています。「防災訓練」も「レクリエーション行事」も根本は同じです。
 ここで子を産み、育て、ここで老後を迎える大切な自分たちの地域、そこが居心地よくなるかどうかは、そこに住む人たちの人間関係が深いかどうかにかかっていると思っています。




  太田窪四丁目自治会と円正寺自治協力会の紹介


○太田窪四丁目自治会の紹介
太田窪四丁目自治会(谷田地区)


○円正寺自治協力会一年間の流れ
円正寺自治協力会(谷田地区)


研修旅行
「そなエリア東京」



研修旅行 集合写真





「餅つき大会」の様子1



「餅つき大会」の様子2


























 (太田窪四丁目自治会)

「研修旅行」

日時
 平成25年11月17日(日)
 11月17日(日曜)に、研修旅行を実施しました。

 内容は、第一部が東京臨海広域防災公園にある「そなエリア東京」での「72時間をどう生き延びる」の体験ツアーなど、首都直下型地震発生から本格的な救助救援が始まるまでを体験的に学習しました。

 第二部は、房総・マザー牧場で紅葉のなかでジンギスカンバーベキューを満喫し、親睦を深めました。



    「餅つき大会」

日時
 平成25年12月1日(日)
場所 太田窪4丁目公園
    

 12月1日(日曜)に、「餅つき大会」を開催しました。

 会場が太田窪四丁目公園ということもあり、通りかかった四丁目以外の皆さんも飛び込みで参加されるなど大盛況。

 100人を超える大行列が続き、いくら搗いても間に合わないほど、大盛況でした。

  ●太田窪四丁目のコンセプト●

その1.「安全で安心なまち」太田窪四丁目

その2.ゆたかな「つながり」あるまち太田窪四丁目

を合言葉に年間を通じて、「明るく楽しく元気に」活動しています。
 ●太田窪四丁目のチャレンジ●

 情報ネットワークの構築・充実、具体的には、メール利用は当然としてフェイスブック、スマートフォンなどを活用して、迅速に広域に情報伝達、情報共有できるネットワークを構築し、伝統的な対面型の情報ネットワークと合わせて多層・多様なネットワークにより、平時だけでなく非常時の危機対応力をつける。現役バリバリのお父さんお母さん、大学生、高校生、中学生に地域コミュニティへの参画働きかけ、特に、IT利用の切り口から取り組んでいる。
 
レクリエーション大会の様子1





レクリエーション大会の様子2
 
(円正寺自治協力会)

「円正寺自治協力会一年間の流れ」


 円正寺自治協力会は合年現在665世帯数の組織体です。統計上の世帯は900世帯なので、約230世帯が未加入世帯です。
 年に2回「円正寺自治協力会便り」を発行しています。

 3月に総会を開き、5月に当自治会最大のイベントのレクリェーション大会を実施します。
 これは世代問交流の一環として、子供からお母さんお父さん、おじいちゃんおばあちゃんまであわせて500人ぐらいの参加のイベントとなります。
 このイベントを利用して、未加入の世帯に楽しさを見せて加入を勧めています。

 さらに11月に毎年実施している南区〔ふるさとふれあいフェアー〕に80名程度の人数を動員し、ふれあいを喚起しています。
 落語鑑賞会や踊りの発表等もやっていて、楽しんでいます。

 レクリェーション大会の中の○×クイズにこのような問題が含まれていますが、皆さんはお分かりになりますか?
 「この春の甲子園大会で優勝した浦和学院に円正寺出身の選手がいる」

答えは○です。


  子供餅つき大会


子供餅つき大会

南浦和三丁目自治会・南浦和団地自治会(大谷場地区)



父子で楽しむ餅つき




早く餅を食べたいなぁ!




輪投げ・射的などを
楽しむ子供達


日時 平成25年1月13日

場所 南浦和三丁目 さくら公園


 南浦和三丁目自治会では、南浦和団地自治会と共同で毎年1月中旬に子供餅つき大会を実施し、地域との連帯感を深めています。

 この餅つき大会は、平成15年当時の自治会長(清宮氏)の提案で、「子供達が喜ぶイベント」として始まりました。

 最初は人集めに苦労しましたが、皆さんのご協力により、今回で第9回目の開催となり、毎年一月の恒例行事となりました。
 当初は餅つきだけのイベントでしたが、回を重ねるごとにいろいろな意見を取り入れ、昔遊び(輪投げ、射的、羽子板、こま回し等)を同時に開催し、子供達からも大変好評です。

さらに、第七回から防災用の鍋を利用し、雑煮の提供を始めました。
こちらも大変好評で、その後も提供を続けています。
現在は、防災用品の点検も兼ねて、鍋・発電機等も活用しています。

来年は、平成26年1月11日(土)にさくら公園で開催予定です。
宜しければ、足を運んでみませんか?
お土産のお餅も用意していますので、お越しの際は、自治会役員までお声をかけてください。

 今後の目標は、南浦和三丁目自治会、南浦和団地自治会だけでなく、他の自治会とも連携し、合同の恒例行事に発展させていけたらと考えています。



  

過去の活動紹介はこちら 


 自治会活動紹介(平成25年度 上期)
 自治会活動紹介(平成24年度)